ほろ酔い城下蔵

/味間蔵

Horoyoizyoukagura/Azimagura

ほろ酔い城下蔵
  • Facebook

2003年、鳳鳴酒造本社の主屋・仕込蔵などが国の有形文化財(建物)に登録されました。

 

 

ほろ酔い城下蔵の玄関口は本社蔵と隣接する築200年以上前の西尾邸で、江戸期の建物そのままの雰囲気で皆様をお出迎え致します。
ほろ酔い城下蔵の見学施設は、江戸時代(寛政九年:1797年)から続く酒蔵を整備、改装したもので、実際の酒造りに使っていた古い道具を展示したり、清酒の製造工程をパネルで紹介しています。
篠山市の中心地である篠山城の城下町に位置し(呉服町)、観光のメッカである中央商店街に面しており、すぐ斜め前には篠山市立歴史美術館があります。

 

ほろ酔い城下蔵内に、コンサートなどのイベントができるスペース「ほろ酔いホール」がオープン!

店内
店内
酒蔵見学コース
酒蔵見学コース
店内
イベントスペース「ほろ酔いホール」

蔵見学(無料)

個人や小グループの場合は、いつでも見学できます。

団体の場合はご予約頂くと、係が館内をご案内致します。
お電話 ・ FAX ・ メールにてお受けいたします。
   ・ご希望の日時
   ・代書者の方のお名前、ご住所、お電話番号
   ・団体名(ツアー名)
   ・人数
   ・当日ご連絡可能なお電話番号(携帯等)

 

以上をお知らせください。

〒669-2322 兵庫県丹波篠山市呉服町46
  Tel.Fax.079-552-6338
 e-mail  hp-adm@houmei.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

味間蔵

鳳鳴酒造の酒造りは冬季のみで、蔵人の蔵入りが今年は11月1日。蔵人たちは3月中頃まで昔ながらの手法で酒を造り上げていきます。年間を通して酒蔵を見学していただけますが、造りの期間中であれば作業を見学していただけます。


造り期間外は、案内所での工程説明・試飲と蔵内を案内しております。

見学期間 10月末~3月上旬
※都合により見学をお受けできない日時もあります。
  おこしになる前に必ずご確認ください。

案内時間 11:00~16:00

所要時間 約30分

お申込み方法 お電話 ・ FAX ・ メールにてお受けいたします。
   ・ご希望の日時
   ・代書者の方のお名前、ご住所、お電話番号
   ・団体名(ツアー名)
   ・人数
   ・当日ご連絡可能なお電話番号(携帯等)

   以上を下記までお知らせください

お申込み先

   TEL.079-552-1133(本社)

   FAX.079-552-3383(本社)

   メール hp-adm@houmei.com

味 間 蔵 〒669-2212
兵庫県丹波篠山市大沢1丁目13-17
(JR福知山線 篠山口駅から徒歩3分)
TEL.079-594-1193